注文住宅は何から始めるのがおすすめ?初心者が購入前に知っておきたいポイントなどを解説

マイホームを購入したい、マンションや建て売り住宅ではなく注文住宅で家を建てるとなったとき大半は家づくりの初心者になるため、何から始めるのが良いのか分からないケースは多いといえましょう。
注文住宅で家を建てるときには、まずは情報を集めることが先決です。
情報を集めると同時に家を作る場所を決める、仲介業者に予算や家のイメージを伝えて土地を探します。
それと同時に工務店やハウスメーカーなど建築会社を探すなどの流れになります。

注文住宅の建築はいくつもの手順が必要になる

注文住宅の建築ではいくつもの手順が必要になるので、最初にスケジュールを明らかにすることが大切です。
一般的な流れとしては、最初に要望のヒアリングや予算設定が行われます。
理想的な住宅のイメージや希望条項を建築家や設計者に伝えます。
同時に予算も明確にして具体的な計画を立案します。
全体的な計画を作成したら適切な土地を選定し、様々な条件や法的な制約を確かめる必要があります。
最初から注文住宅を建てる土地が決まっている場合にはこのプロセスを省略できるので効率的です。
快適な住宅を建てるには土地の形状や方角、周辺地域の環境などを総合的に考慮する必要があります。
建築家や設計者とのミーティングでは要望を共有した上で計画の方向性を検討します。
設計段階での見積りに基づいて予算の調整を行います。
必要に応じて設計を修正するなど予算に収める工夫を凝らさなければなりません。
建物の完成後も何らかのトラブルが起きる可能性があるので、アフターサービスの充実した施工会社を選べば安心です。

マイホーム取得時の平均年齢を考慮した注文住宅購入のタイミング

マイホームを取得する際の平均年齢は、多くの人にとって重要な要因の一つです。
年齢に応じた注文住宅購入のタイミングは、個人の生活スタイルや将来の計画によって異なります。
以下では、年齢別に考えるべきポイントを紹介し、マイホーム購入の適切なタイミングを探ります。
まず20代から30代初めの若い世代にとって、注文住宅建築は将来の安定を考える重要なステップです。
若い時に購入すると、住宅ローンを返済しやすく、将来の家計に余裕を持たせることができます。
資産としての価値も時間の経過とともに上昇する可能性が高いです。
しかし、仕事の安定や家族計画などの要因を考慮し、無理のない支出計画を立てることが重要です。
30代後半から40代に入ると、キャリアや家族計画が進展し、自分のライフスタイルが固まってくることが多いです。
この時期にマイホームを購入すると、子供の教育費や老後資金を見足すための時間的余裕が生まれます。
また、家族のためのスペースや近所の環境も考慮に入れるべきです。
子供が学校に通うかどうか通勤時間、近くの公園や施設の有無などが家選びの要因となります。
50代以降の中高年の方々にとっては退職や年金受給が近づいてくる時期です。
マイホーム購入のタイミングが遅れた場合、ローンの返済が困難になる可能性があるため計画的に進めることが重要です。

注文住宅の平均購入資金はどれくらい?

注文住宅を建てるにあたって、気になるのが購入資金の相場ではないでしょうか。
注文住宅の平均購入金額は4000万円~5000万円くらいです。
これは、土地代と建築費の合計額になります。
土地代は選ぶエリアや立地によって大きく異なります。
都心部では1坪あたり数百万円程度となり、郊外では数十万円程度が相場になることが多いです。
建築費は、坪単価で30万円前後が目安です。
このように、土地代と建築費を合わせて5000万円程度の資金が必要になります。
もちろん、個々のケースによっても大きく異なることもあります。
これはあくまでも平均値であり、色んな要素で金額は変わってきます。
例えば、土地の広さであったり、建築方法や間取り、設備や仕様そして使用する建材などの種類により金額が左右します。
注文住宅は自由度が高いため、こだわりの素材や設備を選ぶことにより、金額はさらに増えるでしょう。
そのため予算を決めておくことも大事です。

注文住宅は決めなければならない項目が多数ある

注文住宅の存在は既にほとんどの方が知っていると思いますが、依頼することでどのような義務が発生してくるのかについてはまだ詳しく知らない方のほうが多いと思います。
もちろん、施工するのは工務店側なので依頼した側の義務がかなり高くなることはないのですが、自分がどのようなことに注意して欲しいのか、取り入れて欲しい要素などに関しても細かく指定して取り入れてもらうことが非常に大切になってくるので、そのことを理解した上で正しく依頼することが重要になってくることは間違いないでしょう。
また、注文住宅で決めなければならない項目ですが、最も大切になってくるのが全体的な間取りや構図になってきます。
どこに何を設置させたいのか、吹き抜けやベランダなどは取り入れるべきなのかなど、全体的な間取りについて丁寧に話し合って失敗しない取り組みを行っていくことが大切になります。
それと、使用する素材に関すること、大まかな予算に関しても計画的にすすめていくことを大切にしてください。

注文住宅のデザインを考える際のポイント

注文住宅のデザインを考える際には、慎重かつ計画的なアプローチが求められます。
クライアントのライフスタイル、好みなど必要な機能やスペースについて十分にヒアリングすることが重要です。
これにより要望を反映させることができるので、より想像力を働かせることができます。
各部屋やスペースの機能性を確保して、どの部屋がどのように利用されるのか機能が必要かを考慮し、適切な配置なども含めて検討します。
建物が所在する環境や周囲の景観と調和し、景観を活かしながら周囲と調和して美しい外観を持つようにすることが可能です。
注文住宅では自然光や通風を最大限に活用でき、開口部や窓の配置に方向性を検討して、居住空間に自然な明るさや風を取り込むこともあります。
将来的な変更や拡張を考慮し、家族構成やライフスタイルが変わった際にも柔軟に対応できるように計画します。
予算から実現可能な検討して、コストを管理しながら予算内で魅力的なデザインを追求します。

注文住宅のおおまかなスケジュール

注文住宅を建築するのは明確なスケジュールを立てる必要があります。
様々なプロセスを経て建物が完成するので、最初に予定を明らかにしておけば安心です。
具体的な予定はプロジェクトの規模や複雑さによって異なります。
建築関係の法律や地域の条例などによっても予定が変化するやめ注意しなければなりません。
最初の1か月から3か月はプランニングフェーズであり要望や予算のヒアリング、土地の選定などを行います。
建築家との初回ミーティングや設計契約の締結などを行うのもこの時期です。
次の3か月から6か月はデザインフェーズで注文住宅の詳細な設計が進行します。
デザインの提案と最終的なプランの確定、着工許可の取得などはこの時期に行います。
次の1か月から2か月は契約フェーズで施工会社との契約締結や建設予定日、スケジュールの確認の他に着工前の準備作業が行われます。
さらに6か月以上かかる建設フェーズでは土地の整地や基礎工事、骨組みの建設や外壁・屋根の施工などを行います。
完成検査を実施したら最終的な内部仕上げなどを行い引き渡すのが一般的な流れです。

注文住宅の立地選びは予算にも大きな影響を与える

注文住宅を建てる時には予算を最初に考えますが、建売と違って土地も用意しなければなりませんので、トータルで計画を立てることが重要です。
かかる費用は立地によって大きく変わり、都心の利便性に優れた場所に注文住宅を建てるとなると、土地だけでも非常に高額になります。
場合によってはその上につくる建物よりも高額になるケースもあり、その影響は軽視できません。
希望する地域で探したら高すぎて予算をオーバーしてしまいそうだという場合、範囲を少し広げて探すのも一つの方法です。
市場の動向もチェックして、値下がりしているタイミングで土地だけ先に購入することもあります。
出せる金額をオーバーしそうな時に建物の方を削るという選択肢もあり、こだわりのない部分の材料のグレードを多少落とすという程度なら、生活する上で気になることもなく影響は最低限で済みます。
こだわりの部分を外さなければ収まらないことが分かったら、まずは立地面で少し妥協することが大切です。

注文住宅の施工会社はアフターメンテナンスが充実しているところが信頼できる

注文住宅は長持ちすると言われていますが、適切なメンテナンスを行わないと段々と不具合が生じます。
万が一問題が起きても、その都度必要な修理を行えばそれ以上の悪化は防げますし、影響が周辺にまで及ぶこともありません。
どんなに質の良い注文住宅を建てても修繕は必要になりますので、施工会社はアフターメンテナンスの充実している所の方が安心です。
対応期間や内容は各社で異なる部分であり、期間が短いとちょうど修繕が必要になった時にメンテナンスを受けられない可能性があります。
内容もかなりの違いがあるため、契約を結ぶ時には詳細まで確認してアフターメンテナンスが充実していると感じられるところを選ぶべきです。
家を建てたらしばらくは何もしなくても良いと考えていると、屋根や壁に問題が発生していても気づけませんが、サービスの中で施工会社側から連絡をくれるというものもあります。
待っていても連絡をくれるので忘れていても問題はありません。

契約を急かしてくる注文住宅の施工会社には注意が必要

せっかく注文住宅を作ろうと思ったのに、施工会社が契約を急かしてきて困るという経験のある人もいるのではないでしょうか。
注文住宅の建築プロセスは非常に複座圧で、金額も高価です。
十分な検討と計画が必要な案件にも関わらず、契約を急かしてくる会社には注意が必要です。
急かされているからといってすぐに契約をしてしまうと後々になってトラブルが起こったり、後悔したりといった可能性も十分にあり得ます。
時間をかけて慎重に検討を進め、契約は避けたいと思ったらきっぱりと断ることも大切です。
また、一社だけではなく他の会社からも持つ森を取り、比較検討することも重要になっています。
異なる選択肢を比較することで、より良い条件で契約できる可能性があります。
条件や内容、オプションや料金をはじめとした要素は細かな部分まで確認することも大切です。
利用したことのある顧客の口コミや評価、周囲の評判といった第三者からの意見も参考になるはずです。

家づくりに関する情報サイト
家づくり研究所

このサイトでは、家づくりは何から始めるのが良いのか、初心者が購入する前に知っておきたいポイントを解説しています。
家づくりは、いわゆる新築一戸建てを自由設計で建てることであり建て売り住宅にはないいろいろな魅力があります。
ただ、魅力だけでなくデメリットについてもある程度把握しておくことが大切です。
ここでは、建て売り住宅にはない注文住宅の良さ、土地を決めるときの判断基準など基本から解説していますので参考にされると良いでしょう。

Search